梅雨が明けました。熱中症対策は万全ですか?

福島県田村市船引町の虹がかかった青空

7月16日に東北南部は梅雨明けが発表されました。
これから、夏の厳しい暑さが始まりますが、熱中症、光熱費対策は万全ですか?

熱中症は屋外だけではなく、屋内でも多く発生しています。特に高齢者や小さい子どもは要注意。
冷房をつけっぱなしにして、体調を崩してしまったり、光熱費が高くなったり。
夏の住まいでは、困りごとがたくさんあります。

家の中が暑くなる原因

窓・ドアから外気の熱が流入

住宅の中で最も熱の出入りが大きい場所は、窓・ドアなどの開口部。
全体の73%の熱が窓やドアから入ってきており、この熱が室内の温度を上昇させるほか、室内熱中症の原因になります。
夏の暑さ対策は窓やドアから入ってくる熱を遮断することが大切です。

熱の流入割合

日本建材・住宅設備産業協会 省エネルギー建材普及促進センター『省エネ建材で、快適な家、健康な家』より

リフォームで、安心・快適に

住宅の中で最も熱の出入りの割合が大きい場所は、窓・ドアなどの開口部です。
家の中を快適な温度に保つために、窓・玄関まわりのリフォームが非常に有効です。
住まいに関するご相談は、ぜひ田村産業にお寄せください。
リクシルの日除け「スタイルシェード」
リクシル「リシェント玄関引戸」