日当たりは南向きが良い?南向きの窓、利点と欠点。

猛暑の毎日でございますが、いかがお過ごしでしょうか。

今回は南向きの窓の特徴を紹介したいと思います。
リフォームや住まいを建てる方角や間取りを決める際の参考にしていただければ幸いです。

南向きの窓から差し込む光
南向きの窓から差し込む光

太陽の動きと位置の変化

地球から見ると太陽は東→南→西と動くように見えます。
太陽の位置は、南を通るときに一番高くなります。だいたい正午ごろです。
その高さは夏に高く、冬に低くなります。

太陽の動きや位置の関係

南向きの窓の利点

南向きの窓の利点は、日中の日当たりの良さです。
夏は日差しが差し込むと室内が暑くなってしまうので、できれば日差しは差し込んで欲しくありません。
夏の太陽は位置高くなり、南を通るときには、家のほぼ真上にある状態です。
つまり、強い日差しを受けるのは屋根。室内に差し込む日差しが少なくなり、室内の温度の上昇を抑えることができます。

対して、冬は室内を温めるために日差しを取り込みたいです。
冬は太陽の位置が低くなり、南を通るときでも、目線の高さに見えます。
家の横から差し込む日差しが室内の奥まで届き、室内を温めてくれます。

日当たりが良いので、室内でも洗濯物を乾かしやすいなどの利点もあります。
自然の力を適切に取り入れて、冷暖房費を節約するエコな生活ができます。

夏の太陽の位置と差し込む日差し
冬の太陽の位置と差し込む日差し

南向きの窓の欠点

南向きの窓は、床や壁紙、家具が色あせしやすいです。日当たりが良いために発生する、意外な欠点・・・。
色あせは紫外線によるダメージを受けている証拠。そのまま放置するとひび割れなどにつながることも。
対策としては、紫外線から保護するスプレーやワックスで手入れをしましょう。紫外線を遮る機能性の高いレースカーテンなどもあります。

家や窓の向きは南がいいの?

一概に良いとは言えません。周囲の環境に合わることが大切です。
道路に面している方角に大きい窓を設置しても、視線が気になってカーテンを閉め切ってしまったり、
周囲が空き地で日当たりが良くても、大きい建物が建って日当たりが悪くなってしまうこともあります。

プライバシーと採光を両立する天窓・高窓を設定するなど、、、
住まいの立てる方角や間取り、窓の配置は、周囲の環境に合わせて決めましょう。

BDAC=Styleとスーパーウォール工法の田村産業モデルハウス

田村産業の施工事例

田村産業モデルハウス
夏の暑さ対策に「リクシルスタイルシェード」
断熱効果だけじゃない内窓のメリット
夏は涼しく、冬あったか。玄関引き戸のリフォーム。