リフォームの補助金~高齢者住宅改修~

高齢者がいるご家庭では段差を解消したり、手すりを付けたりする人も多いと思います。
家族の安全のためにリフォームをしたいところですが、お金がかかるのもまた事実。
そんな助けになるのが高齢者が住宅を改修する際の補助金です。
地域により名称は少し違いますが、田村市では「高齢者住宅改修助成事業」と呼ばれています。

高齢者住宅改修助成事業を利用した手すりの取り付けリフォーム高齢者住宅改修助成事業を利用した手すりの取り付けリフォーム

対象となる方

介護保険の要介護認定者でない65歳以上の高齢者で世帯の成形中心者の所得が児童手当の所得制限の限度額以下の場合

対象となる改修工事(いずれか1つでも当てはまればOKです。)

1. 手すりの取付

2. 床の段差解消・すべりにくい床材への変更

3. 和式便器から洋式便器への取替

4. 玄関から道路までの手すり取付け、スロープの設置、門扉の引戸などへの取り換え

5. 1から4の工事に伴って必要な改修工事

補助金額

住宅改修にかかった費用の9割に相当する額。上限額は18万円。

ご利用方法

1. 高齢福祉課または各行政局市民係に申請してください。着工前の写真、見積書等が必要です。

2. 申請する前に着工した場合は、補助金は受けられません。交付決定通知後に着工し、工事完成後に実績報告を提出してください。

3. 検査後に、補助金を交付します。
※令和3年度より、制度の利用は改修箇所に関わらず一住宅につき一回限りとなりました。

ご相談も承っております

当社では申請の手続きまで代行して行っておりますので、ご自分が対象になるのかなどお気軽にご相談ください。

\お問い合わせはこちら/
田村産業のお問い合わせページ