ハウスダスト対策で健康な生活を送る!

夏はハウスダストの原因である「ダニ」が繁殖する季節。アレルギーを引き起こす可能性があるハウスダストは、健康な生活を脅かす脅威。ハウスダストの性質を理解して、対策をしましょう。

舞うホコリと差し込む光

ハウスダストとは?

目に見えないホコリのことです。ホコリの中でも1mm以下のものを意味しています。

ハウスダストには、衣類などの繊維、ペットの毛、ダニのフンや死がい、砂埃、花粉、カビ、細菌など、さまざまなものが含まれています。

ハウスダストを吸い込むと?

ハウスダストは非常に微細なホコリ。人が動くだけで空気中に舞い上がります。そのハウスダストを吸い込むと、アレルギー反応を引き起こします。

私たちの身体は異物が侵入すると、それを追い出そうとする仕組みがあります。この時に自分の身体も傷つけてしまうことを、アレルギー反応と呼びます。

アレルギーによる症状は、くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、せき、目のかゆみ・痛み、皮膚の炎症・かゆみなどです。

ハウスダストの発生源

ハウスダストには、外から侵入してくるものと室内で発生するものがあります。

外から侵入してくるものは、砂埃や花粉。帰宅時に玄関先で、衣服やバッグ、身に着けているものを払うことで、室内への侵入を防ぐことができます。

室内で発生するものは、衣類などの繊維、食べ物のくず、人の毛髪、ペットの毛、空気中のダニやカビなどです。生活をする以上、発生を防ぐことは難しいですが、掃除をして減らすことはできます。

最近は住宅の性能も向上して、快適な生活を送ることができますが、人間にとっての快適な環境はダニにとっても快適。ダニは増加傾向にあります。

ハウスダストの対策

ハウスダストの対策は掃除。すればするほどハウスダストを減らすことができます。

ハウスダストは、空気の流れがなければゆっくりと落ちて床にたまっていき、人が活動して空気の流れが生じると舞い上がるので、掃除はハウスダストが床にたまった状態で行うのがおすすめ。
掃除といったら掃除機を使いたいところですが、ハウスダストは掃除機の排気で舞い上がってしまうので、掃除機を使うのは最後。窓を開けると風でハウスダストが舞い上がるので、窓は開けずに掃除をしていきます。

掃除の順番は、乾拭き→掃除機。
掃除は乾いたぞうきんやモップで「上から下」にしていきます。高いところから掃除していくことで、床に落ちてしまったハウスダストも拭き取ります。ハウスダストは水分を含むと固まってこびりついてしまうので、乾いたもので拭いていきます。最後に拭き取れなかった隙間のハウスダストを掃除機で吸い取ります。
掃除が終わったら、窓を開けて空気中に漂うハウスダストを追い出します。窓は2ヶ所開けると、風の通り道ができて、室内の空気を入れ替えてくれます。