「お酢」と「歯磨き粉」でお風呂の水垢を落とす!

高級感あふれる黒い浴室と浴槽

黒い浴室は高級感が出るため、ショールームやモデルハウスによく採用されています。ホテルのような非日常を演出する空間に、魅力を感じる方が多いです。
しかし、実際に使ってみると、「とにかく水垢が目立つ」という声も。黒に限らず、白くうろこ状にこびりついたは、非常に気になります。

■目次

なぜ水垢はできるのか?

水垢の原因は、水です。水にはカルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウムなどのミネラルが含まれています。
ミネラルは水が蒸発するときに、結晶化して残り、白くこびりつきます。これが水垢の正体です。
お風呂だけではなく、水を使っている限り、水垢ができるということになります。

酷く水垢がこびりついた浴槽

水垢の対策は?

一番簡単な方法は、水を拭き取ることです。単純ですが、水がなければ、水垢はできません。

「水が付いていたら、拭き取る。」

面倒に感じるかもしれませんが、気付いたときに拭くだけで、水垢ができにくくなり、落とす手間も省けます。

水垢を落とすには?

酸性で中和する

水垢の正体はミネラル。このミネラルは「アルカリ性」です。そのため、「酸性」のものを使って中和をすると、落としやすくなります。

簡単に用意できるものは「お酢」
普段料理をしているご家庭であれば、お酢はあるはず。専用の洗剤を用意しなくても、落とすことができます。

お酢をキッチンペーパーや雑巾に染み込ませて、落としたい箇所を覆うように貼り付けて、放置するだけです。しばらくしてから、軽くこするように洗い流すと、水垢が簡単に落ちます。

研磨剤で磨く

お酢を使っても落ちない場合は、研磨剤で物理的に落とします。研磨剤も専用のものを用意しなくても、「歯磨き粉」で代用できます。歯磨き粉には研磨剤が入っているかどうかは、成分表で確認します。「清掃剤」と記載されている場合が多いです。

歯磨き粉の成分表

磨きたい箇所に歯磨き粉を付けて、丸めたラップでこするだけで、落とすことができます。スポンジを使うと、研磨剤がスポンジに入りこんでしまい、汚れを落としにくくなるため、ラップを使います。

力を入れて磨いてしまうと、表面を傷つけてしまいます。その傷に汚れがたまって、落としにくくなるので注意が必要です。円を描くように、やさしく研磨剤を転がして、水垢を落としていきます。

どうしても水垢が落ちない!

酸性洗剤を使っても、研磨剤で磨いても、落ちないという場合は、ハウスクリーニング業者に依頼をしましょう。業務用の強力な洗剤で、頑固な水垢を落としてくれます。
「高いお金を払って、キレイにしてもらった」から、この状態を維持したいと考えるようになるかもしれません。

浴槽を掃除するハウスクリーニング業者

水垢が目立たない浴室は?

やはり、暗くて濃い色の浴室は、水垢が目立ちやすいです。ですが、どの色を選んでも「水垢ができることに変わりはありません」ので、労を惜しまず手入れすることが大切です。
住まいの雰囲気に合わせたり、お風呂をどのような空間としたいか考慮して色を決めると、飽きのこない、愛着ある住まいになります。愛着があれば、キレイにする過程も楽しくなるかもしれません。