災害時のトイレどうすればいいの?

saigai_toilet_kinkyu.png

-震災・水害など、これまで災害による被害を受けた経験のある方は多いと思います。住宅業界でもさまざまな災害に対応すべく耐震性能が高い家や水害に強い家など新しい商品や施工法が増えてきました。しかし住む家の備えをしていてもライフラインが切断されてはどうしようもありませんよね。今回は断水、停電した際のトイレの使い方についてまとめてみました。

-浴槽にある残り湯などで水が確保できる場合

①自動洗浄機能がある場合は、機能を停止してください。

②バケツ1杯分(約6~8L)の水を、直接便器内に勢いよく流す。

※水はねに注意してください。新聞紙など便器まわりに敷くことをおすすめします。

※2,3回に1度は多めの水を流し、詰まりを防ぐようにしてください。

③バケツ0.5杯程度の水を再度便器内に静かに流す。

※配管内部の流し切れていない汚物を流したり、便器内に水を溜め臭いが上がってくるのを防ぐ役割があります。

タンクに直接水を溜めるやり方をされる人が多いと思いますが、その場合水量が足りなかったりすることがあり、臭いの原因になる場合があります。また、配管や下水に異常がある場合は水を流すことが出来ません。水の流れ方に異常がある場合は使用を停止してください。残り湯では髪の毛や埃など故障の原因にならないよう気を付けてください。

-水が確保できない場合(簡易トイレの作り方)

準備物:45L程度のビニール袋、新聞紙

①トイレの座る便座部分を上げ、便器ごと覆うようにして袋を1枚かぶせます。

②座る便座部分を下げ、その上から便座ごと覆うようにもう1枚かぶせます。

③ぐしゃぐしゃに丸めた新聞紙を入れ、用を足します。

④一番上の袋だけを取り換えれば、何度でも使用できるようになります。

※排泄物は地域のごみ回収のルールにしたがって処分するようにしてください。

1.jpg-基本的には上記のやり方でだいたいのトイレに対応できます。タイプによっては細かく対応が違ったりします。詳しくは各メーカーのHPなどをご参照ください。今のトイレはどんどん進化しており、特に目を引くのが掃除のしやすさです。例えば便器の縁を無くすことで、縁裏の頑固な汚れを必死に落とす必要がなくなったり、そもそも汚れが付きにくい材質だったり。清潔なトイレがずっと維持されますよ♪

-どんなトイレがあるか知りたい!トイレを新しくしたい!そんな方はまずお問合せください。ご要望にあった商品を提案させて頂きます。田村産業株式会社メール) TEL:0120-978-286