「快適」「健康」「省エネ」「安心」を、
最高水準にまで高めるために「暮らし性能」を追求しています

スーパーウォール工法の家は、高性能なスーパーウォールパネルと断熱サッシ、計画換気システムが生み出す、高気密、高断熱、高耐震構造。

快適・健康・安心・省エネという観点から、暮らしの質を最高水準まで高め、その違いを実感していただける「暮らし性能」を追求しています。

スーパーウォール工法の家は、高気密、高断熱、高耐震構造(田村産業の高性能住宅)

①温熱環境

魔法瓶のような高い断熱性で、家の中の温度差が少ない暮らし。

冬のリビング、エアコンで快適な室内も、廊下やトイレは寒く感じるのではないでしょうか。

この温度差は、暮らしの快適性を損ねるだけでなく、 ご家族の健康にも影響を及ぼします。

そんな家の中の温度差を少なくするには、住まいの気密・断熱性を高めることが大切です。

●温度差が少ないので、ヒートショックも安心。

温熱環境SW工法(田村産業の高性能住宅)

②空気環境

地震・台風・竜巻など自然災害から家族を守る。

南海トラフ地震や首都直下型地震など、巨大地震の発生が予測される近年、自然災害は地震ばかりではなく、大型台風や竜巻も頻発しています。

ご家族の大切な財産を守るためには、住まいづくりにおける災害への備えが大切になります。

空気環境SW工法(田村産業の高性能住宅)

③災害への備え

地震・台風・竜巻など自然災害から家族を守る。

南海トラフ地震や首都直下型地震など、巨大地震の発生が予測される近年、自然災害は地震ばかりではなく、大型台風や竜巻も頻発しています。

ご家族の大切な財産を守るためには、住まいづくりにおける災害への備えが大切になります。

災害への備えSW工法(田村産業の高性能住宅)

④耐久性

通気層構造と高性能断熱材が住まいの耐久性を高める。

末永く快適に暮らすために、世代を超えて住み継げる家であるために、また、資産価値を維持し続けるために、建物の耐久性を見逃してはなりません。

一番のポイントは、湿気による壁内部への結露の発生を抑えること。特に断熱材の耐湿性がそのカギとなります。

耐久性SW工法(田村産業の高性能住宅)

⑤省エネ・創エネ

省エネからゼロエネへ、暮らしのエネルギーを家でつくる。

国の省エネルギー施策では、2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準的な住宅にすることを目標として掲げています。

これからの時代に求められるのは、省エネ+創エネによるゼロエネ住宅。スーパーウォールの家もこのテーマに積極的に取り組んでいます。

省エネ・創エネ(田村産業の高性能住宅)

⑥音環境

優れた遮音性能により音のストレスから解放する。

暮らしにおける、音を取り巻く環境はさまざまです。

車や電車の騒音、ご近所から聞こえるピアノ音、犬の鳴き声、室内においては子供がはしゃぐ声や趣味で楽しむオーディオの音漏れへの心配など、ストレスを感じることが多くありますが、住まいの遮音性を高めることで解消できます。

音環境(田村産業の高性能住宅)

⑦品質と保証

スーパーウォールの家は安心の品質をお約束します。

住宅は一生でも最も高価な買い物です。そして、ご家族の大切な資産になるものです。だからこそ、スーパーウォールの家は、万全の品質管理と保証でお応えし、一邸一邸で実施する住宅性能の確認から、部材の保証まで、建てる前も建てた後も、安心の品質をお約束します。

品質と保証(田村産業の高性能住宅)

⑧スーパーウォールの家なら16万円以上の水道・光熱費を節約

スーパーウォールの家は、一般住宅と比較して、冷暖房・換気・給湯・照明などの光熱費を43%削減することが可能です。さらに、水道費においても32%の削減が行え、全体で41%の水道・光熱費を削減。年間で168.480円の節約を実現することができます。

これらのランニングコストシミュレーションは、家族構成や住まいの条件、地域などによっても変わるため、一邸一邸、建てる前にシミュレーションを行い、お客様にご確認いただくことができます。

スーパーウォールの家なら16万円以上の水道・光熱費を節約(田村産業の高性能住宅)

田村産業モデルハウス(BDAC=Style・SW工法)を見てみよう!

SW工法+BDAC=TStyle(かぞくみんなで、でかけよう!田村産業モデルハウス)