田村市の地域に根差し、快適な空間づくりをお手伝いさせていただきます。

田村産業Newモデルハウス(BDAC=Style・スーパーウォール工法)

人気建築家がコラボレート、田村産業モデルハウス(田村市船引町東部台4丁目)

田村産業Newモデルハウス(BDAC=Style・スーパーウォール工法)青空

白い外壁にヒノキの格子が映えるモダンな外観。玄関扉を開けると、キッチンと水まわりをつなぐ通り土間が現れます。
田村産業Newモデルハウス(BDAC=Style・スーパーウォール工法)通り土間

斬新な基本設計を考えたのは、テレビ番組で“リフォームの匠”として活躍する「設計アトリエ一級建築士事務所」の瀬野和広氏。
そこに私達『田村産業』の設計士が地域特性に合わせて変更を加え、現場の職人が施工を手がけました。

弊社代表・渡辺(以下、弊社代表)は、「瀬野さんとは、家づくりに対する考え方が一致していると感じた」と基本設計を依頼した理由を語る。

家族をやさしい気持ちにする自然素材の温もりに包まれた空間

弊社代表と瀬野氏は、地域性や立地を生かしたプランや自然素材の使い方で、意気投合。

広いリビングの床や腰板はヒノキのムク材。2階の奥には、がっしりとした米マツ。壁にも卵の殻を使った「エッグウォール」や火山灰を原料とする「シラス壁」。

モデルハウスにも自然素材がふんだんに用いられている。通り土間やベンチ、玄関脇の小上がりなど、斬新でクールに見える設計だが、自然素材ならではの風合いが安らぎを醸し出しています。

また、階段や吹き抜けの手すり、梁がつくる連なりも美しい。

家族のコミュニケーションを育む”閉じこもる”空間のない間取り

田村産業Newモデルハウス(BDAC=Style・スーパーウォール工法)ワンフロア

想定した家族構成は、夫婦+子ども2人。間取りは1階、2階ともワンフロア。家族のコミュニケーションを重視するため、
個室は設けていない。

子どもが小さいうちは、主寝室で両親と一緒に「川の字」になって眠り、小学生になったらLDKで宿題を片付け、集中したいときは、
2階のスタディコーナーで学習する。1階と2階は吹き抜けでつながり、1人の時間を過ごしていても、お互いの気配を感じることができる。

「お子さんのための部屋が必要な時期は、平均的には5、6年と案外短いもの」と弊社代表。独立した個室が欲しい場合は、2階の多目的室や1階の納戸を充てる計画。

自然の力を取り入れる設計と高い躯体性能で光熱費を削減

瀬野氏とは、冷暖房だけに頼らず、太陽の光や風など自然の力を取り入れる「パッシブ設計」でも意見が合った。

モデルハウスの2階の長い軒も、その1つ。太陽が高い位置にある夏は、軒が室内に入り込む直射日光を遮り、太陽が低い位置にある冬は、日差しを室内の奥まで導く。光だけでなく、風を取り込む工夫も見られる。夏は2階のハイサイドライトを開放することで、風を室内に取り込む。風は階段を通り、1階まで涼しさを運ぶ。

弊社代表は「住宅そのものの性能にも注目して欲しい」と話す。断熱性・気密性に優れたパネルで、高い住宅性能と自由な間取りを両立する「SW(スーパーウォール)工法」。外気が入りやすい窓には、樹脂サッシとトリプルガラスを施した。1階の床には、ヒートポンプ式の基礎蓄熱暖房システムが導入され、冬は足裏に温もりを感じながら暮らすことができる。また、オール電化仕様で、太陽光発電システムも搭載されている。

弊社代表「住宅性能の高い家は、冷暖房費がかからず、暮らしに必要なランニングコストを抑えることができる」と訴える。「何より一年中快適。家づくりをお考えの方は、1度ご見学ください。」

ご相談・お問い合せは TEL 0247-82-0720 受付時間 AM8:00~PM5:00(第2土曜・第4土曜・日曜・祝日を除く)

PAGETOP


Copyright 田村産業株式会社 All Rights Reserved.