震災の経験から地震に強い家を、SW工法で実現

地震に強い家、寒くない家にしたいというお客様の要望からSW工法(スーパーウォール工法)を取り入れました。こだわった腰板はリビングから廊下まで続きます。広い廊下や手摺りは自宅での介護も安心です(お客様より)

見た目もかわいい、みんなが集まる空間に

キッチンに取り付けたエコカラット、キッチン収納スペース(アップダウン式の収納棚を使用して、高い場所への片付けも楽々)で家族みんながくつろげる空間に。

昔ながらの雰囲気も残したいというお客様の声から、屋根は伝統的な入母屋、縁側を造り観葉植物などを置ける広く暖かい空間になるように設計しました。

収納スペースにバリアヘルスコートを施工し、湿気を防ぎカビ対策を。自然素材である炭が主成分なので、ご家族やペットも安心です。

腰板はリビングから廊下まで。落ち着いた雰囲気を演出し、壁の耐久性の向上に役立ちます。広々としたバルコニーも特徴です。